赤坂ショールーム 03 6438 1963 有明テクニカルセンター03 4590 4418/Gallery 03 3528 1963

所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

McLAREN 650S GT3が、「グリーン・ヘル」でポール・ポジションを獲得し

2016.7.4

McLAREN 650S GT3が、「グリーン・ヘル」でポール・ポジションを獲得し、決勝レースで優勝~ファクトリー・ドライバーのロブ・ベルがポイント争いのリードをさらに拡大

 

ブランパン・スプリント・シリーズのニュルブルクリンク・ラウンドにおいて、McLaren 650S GT3が勝利数をさらに増やし、ファクトリー・ドライバーのロブ・ベルとアルバロ・パレンテにすばらしい週末をもたらしました。このファクトリー・ドライバーのコンビは、ポール・ポジション、予選レースでの表彰台、決勝レースでの勝利を達成しましたが、これはMcLaren 650S GT3にとっては、2016年スプリント・カップでの初の快挙となります。その結果、ブランパンGTシリーズのドライバー・チャンピオンシップでトップを走るベルは、2位との差を44ポイントに拡大しました。

土曜日の予選は、ガレージ99チームが送り出し、パレンテがハンドルを握る、58号車の650S GT3がポール・ポジションを獲得。ニュルブルクリンク・グランプリ・スプリント・サーキットで叩き出したラップは1分26秒218で、650S GT3にとっては、この選手権で初のポール・ポジションとなりました。

同日に行われた、60分間の予選レースでも、パレンテの勢いは止まりませんでした。自身のスティントにおいて、パレンテは後続の3台に猛追されましたが、なんとかリードを保ったままベルにバトンタッチ。ピットでのタイムロスにより一時はトップの座を譲りましたが、ベルはすぐにペースを取り戻し、2位にまで順位を上げ、先頭車に意識を集中させました。時間がどんどん過ぎていくなか、ベルはトップとの差を10秒からわずか0.3秒にまで詰めますが、ここでイエローフラッグが振られ、コース全体にコーションが出されたため、そのままの順位でフィニッシュ。チームにとっては、スプリント・カップで初の表彰台獲得となりました。

この週末の2つめのレースは、コンビにとってさらにラッキーなものとなりました。予選レースの結果でスタート位置が決まるため、ベルは最前列からスタートし、瞬く間にポールシッターを追い抜き、先頭で第1コーナーを回りました。スタートのタイミングは、まさに完璧でした。それ以降、ベルは後続との差をさらに広げたままパレンテにハンドルを譲ります。

ガレージ59のピットクルーの迅速な作業により、パレンテが乗る58号車の650S GT3はリードを保ったままレースに復帰することができました。交代のタイミングが抜群であったことは、一貫して高いレベルのラップタイムを見れば明らかで、後続の車群との差が縮まることはありませんでした。チェッカー・フラッグが振られたときには、パレンテが2位に2秒差の1位でフィニッシュ。その結果、パレンテはドライバー・チャンピオンシップにおいて2位とのポイント差をさらに拡げ、ガレージ59もチーム・チャンピオンシップのトップに経った状態で、ブランパンGTシリーズの注目イベントであるトタル・スパ24時間耐久レースに臨むこととなりました。