赤坂ショールーム 03 6438 1963 有明テクニカルセンター03 4590 4418/Gallery 03 3528 1963

所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

BLACK SWAN MOMENTS 03/13

THE MINI SKIRT

ミニスカート

現代の文化の歴史に永遠に刻み込まれた1960年代。人類が月面着陸し、世界中にビートルマニアが溢れ、1964年公民権法が法律となり、若者の新しい文化が根付いた時代でした。

「スウィンギン・シックスティーズ」と聞いてすぐに思い浮かぶものはミニスカートでしょう。一見シンプルでありながら、短い裾や、わずかに垣間見られる反逆精神よりもはるかに多くのことを象徴するファッションアイテムです。文化的な革命の波が押し寄せた1960年代にはミニスカートは街のあちこちで見られました。

ではミニスカートはなぜ、そしてどのようにして‘ブラック・スワン’モーメントのような変化の象徴となったのでしょうか?

戦前から1950年代まで、クラシックな細身のスカートの裾はせいぜい膝のわずか少し下まで。しかし1950年代から1960年代に入り、ポジティブな文化が広がるにつれ変化の兆しが現れ始めました。平等と女性の権利を求める声が高まり、ミニスカートはもはや丈の短いスカートというだけではなく、若者文化の地位向上と女性解放を象徴するアイテムとなりました。

世界中でスカートの丈はどんどん短くなっていましたが、スウィンギング・ロンドン真っ只中のロンドンのストリートで見られたスカートほどではありませんでした。若者たちは長い裾やぱっとしないコンサバティブなスタイルに反発。そして世界的に有名な一流ブランドがこれに注目すると、変化は避けて通れないものとなりました。ファッション史の研究者によれば、ミニスカートの流行は英国女王のスカートの丈にまで影響を及ぼしたとのことです。つまりファッションの革命はストリートだけのものではなく、その波は王室にも及んでいたのです。

かつてないほど脚を露出させるようになったミニスカートが私たちに思い起こさせるのは、流行を生み出したのは街を歩く人々であったということです。テレビや雑誌などのマスコミが全国的に若者たちに影響を与え、ファッションの世界は空前のブームを迎え大きく成長しました。その親たちが買い物をしていた場所でショッピングをする代わりに、若者たちは「人に見られる」場所へと繰り出すようになりました。人の視線を集めると若者たちは別の場所へと移動し、今までなかったようなやり方で大騒ぎ。ミニスカートの持つ実用性と同じく、このライフスタイルはまさに自由であること、つまり体制や制限に縛られない生活だったのです。

急速に成長を遂げた50年間、そして文化的な革命の持つ意味を無視することはできません。この時代がなかったら生活はまったく違うものになっていたことでしょう。ミニスカートについて言えば、これほどまでに簡潔に変化の時代すべてをまとめ、かつ今も変わらず愛されている他のファッションアイテムを挙げることは難しいでしょう。ミニスカートは、1960年代はもちろん、女性の新しい自由なライフスタイルも象徴するアイテムなのです。