赤坂ショールーム 03 6438 1963 有明テクニカルセンター03 4590 4418/Gallery 03 3528 1963

所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

1/7 石浦関化粧まわし贈呈式

2017.01.07

マクラーレン東京が幕内最軽量・石浦とチームアップ

マクラーレンのロードカーをあしらった化粧まわしを提供、

ともに新年の新たな挑戦を誓う

 

マクラーレン・オートモーティブ(本社:英国サリー州)の日本における正規販売代理店である

マクラーレン東京(運営:株式会社エムティーインターナショナル)は1月7日、マクラーレン東京

テクニカルセンター(江東区有明)にて、石浦関(宮城野部屋)に「化粧まわし」を提供する贈呈式を

行いました。

 

今回の化粧まわしの提供は、輸入自動車インポーターとしては初となるもので、幕内最軽量で

ありながら脅威のスピードで体の大きな相手力士に正面から果敢に挑戦する石浦関と、スポー

ツカーのリーディングメーカーとして新たな挑戦を続けるマクラーレンの姿勢が合致したことに

より、実現したものです。

 

式では、マクラーレン東京のCEO、川本錦一より石浦関に、色鮮やかなマクラーレン650Sが

あしらわれたスタイリッシュなデザインの化粧まわしが贈呈されました。化粧まわしは伝統的な

正絹博多織で、日下淼介(くさか ひょうすけ)氏により約2カ月間をかけて制作されたものです。

贈呈式の後では、石浦関とマクラーレン650Sとが立ち並ぶ姿が披露されました。

 

マクラーレン・オートモーティブ・アジア・パシフィック のマネージングディレクター ジョージ・ビッ

グスは、以下のようにコメントしています。「このたびは日本の国技である相撲において躍進を

続ける石浦関に

マクラーン東京が化粧まわしを贈呈できたことを大変光栄に思います。マクラーレンは英国発の

スポーツカーメーカーとして軽量性とスピード、キレのあるドライブを追求しています。

マクラーレンが描くイメージどおりのエキサイティングなアスリートである石浦関とともにさらなる

挑戦を続け、日本におけるブランドの一層の強化を図ってまいります。」

 

マクラーレン東京のCEO、川本錦一は、以下のようにコメントしています。

「このたび、私共マクラーレン東京では大相撲関取石浦関へのサポートとして、化粧まわしを

授与させていただくことになりました。大相撲とスーパーカーは中々結びつかないかと思い

ますが、実は軽さ、強さ、スピードと、石浦関の特徴とマクラーレンの特徴が同じであることから、

化粧まわしの提供を決定いたしました。石浦関にはグリーンのマクラーレンがデザインされた

化粧まわしで土俵入りしていただき、明日から始まる初場所で大活躍してくださることを期待

しております。」

 

石浦関は今回のマクラーレン東京による化粧まわし提供について、以下のようにコメント

しています。

「マクラーレン東京様に化粧まわしを制作していただき大変有難く思います。マクラーレンの

クルマに負けないような速い相撲を取って今後も精進していきますので、応援の程よろしく

お願いします。」 石浦関は、この化粧まわしを1月8日に初日を迎える初場所から着用します。

 

 【石浦関プロフィール】

しこ名: 石浦

本名: 石浦 将勝(いしうら まさかつ)

生年月日: 1990年1月10日生(26歳)

出身地:  鳥取県鳥取市

身長:   173cm

体重:   115kg

所属部屋: 宮城野部屋

得意技: 右四つ、下手投げ、上手出し投げ

 

父親が監督を務める鳥取城北高校の相撲部に進み、在学中には高校2年の2006年、3年の

2007年に全日本ジュニア選手権の軽量級で2連覇を達成。2007年には世界ジュニア選手権の

軽量級で優勝するなど、学生時代には数々の好成績を残した。大学卒業後、病を患っていた

ことなどを理由に相撲を一時断念。相撲の普及と語学留学のためオーストラリアへ渡る。

オーストラリア滞在中にはハリウッド映画「X-MEN」の出演オーディションに合格していた

ものの、相撲に熱心に向き合う現地生徒との交流や、角界で活躍する仲間たちから刺激を

受け、再び相撲の道にまい進するため、映画への出演を辞退。帰国後は猛げいこを重ね、

横綱白鵬関の内弟子として2012年12月に宮城野部屋に入門。翌2013年1月の初場所で

初土俵を踏む。

 

マクラーレン東京について:

マクラーレン東京は、英国マクラーレン・オートモーティブの正規販売代理店で、2012年6月に

世界19カ国35店舗目となるショールームをオープンさせた。マクラーレン正規販売代理店

ネットワークの一つとして赤坂に開設、主に東日本地域の販売を担当する。世界統一デザインの

ショールームは、レイアウトはもちろんのこと目に見え手に触れるもの一つひとつを厳選し、

McLARENブランドのこだわりが表現されている。長年のF1グランプリにて培われてきた

独創的で革新的な技術が濃縮された最高のスポーツカーを十分に堪能出来るショールーム

である。

また、2016年

7月にマクラーレン東京のサービスセンターをグランドオープン。2,056㎡(約600坪)の敷地を

もつサービスセンターは、開放感溢れる8メートルの吹き抜けを有するエントランスや、訪れた

マクラーレン・オーナーの皆様がくつろげるVIPルームといったラグジュアリーさと、同時に

8台まで作業を行える専用リフトや車両専用エレベーターといった機能性を兼ね備えたファシリティ

として、英国のマクラーレン・テクノロジー・センター(MTC)を彷彿とさせる施設となっている。

 

マクラーレン・オートモーティブについて:

マクラーレン・オートモーティブは、ラグジュアリーかつハイパフォーマンスなスポーツカーを

製造する英国の自動車メーカーで、サリー州ウォーキングのマクラーレン・テクノロジー・センター

(MTC)を拠点としています。マクラーレンは車両製造にいち早くカーボン・ファイバーを採用し、

30年にわたる経験を有しています。

1981年のMcLaren MP 4/1や、1993年のMcLaren F1といったレーシングカーやロードカーに

カーボン・シャシーを導入しており、これまでマクラーレンが製造した車両はすべてカーボン・

ファイバー・シャシーが採用されています。

 

マクラーレン・オートモーティブは2010年の設立後、2011年に画期的なMcLaren 12Cの発表を

皮切りに、2012年に12C Spider、2013年に限定生産のMcLaren P1™を発表しました。毎年新型

モデルを導入するという計画を掲げ、2014年にはMcLaren 650S Coupeと650S Spiderを発表し、

さらに2015年には前例のない製品ポートフォリオの拡大で、フルレンジにわたり5つのニュー

モデルがデビューしました。完全限定生産の675LT Coupéがジュネーブ・モーターショーで

公開されたほか、サーキット専用で、最高出力が1,000PSであるMcLaren P1™ GTRが、ブランド

史上もっともパワフルなモデルとして登場しました。多くの期待を集めていたスポーツシリーズ

は、マクラーレンの3つ目にして最後のモデル・カテゴリーであり、570S Coupéと540C Coupéが

それぞれニューヨークと上海で1か月のうちに次々とデビューしました。この年の最後には、

お客様のご要望に応えるかたちで、5番目のモデルである675LT Spiderも発表されました。

この年には、アルティメットシリーズの最初のモデルであるMcLaren P1™の375台目の生産も

完了し、マクラーレン・ブランドにとって記録ずくめとなる1年を締めくくりました。

 

マクラーレン・オートモーティブの技術パートナー:

革新的で高い評価を獲得しているスポーツカー・ラインアップの開発、エンジニアリング、

製造においてマクラーレン・オートモーティブは専門的なノウハウと技術を提供する世界トップ

レベルの企業と提携しています。主なパートナーは、アクゾノーベル、エクソンモービル、ピレリ、

SAPなどです。