赤坂ショールーム 03 6438 1963 有明テクニカルセンター03 4590 4418/Gallery 03 3528 1963

所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

昨年に引き続きシャンティ・アーツ&エレガンスに参加、ビスポーク仕様モデル 570S COUPEを展示

2015.09.08

● マクラーレン・オートモーティブは、フランスで開催された「第2 回シャンティ・アーツ&エレガンス」に参加
● MSO によるビスポーク仕様のMcLaren 570S COUPÉ は、今年後半からのデリバリー開始に先駆け展示
● 著名なアーティストであるセザールによってペイントされた、アイコニックなシャシ-・ナンバー05RのMcLaren F1 GTR も、イギリスの誇る高級車の1 台として展示

2015 年9 月8 日 発表 名門Formula 1™チーム、マクラーレンのグループ企業であるスポーツカーメーカー、マクラーレン・オートモーティブ(本社:英国サリー州、エグゼクティブ・チェアマン:ロン・デニス)は、本年9 月6 日-7 日にフランス・パリの北に位置するシャンティ城の庭園にて開催された「シャンティ・アーツ&エレガンス・リシャール・ミル」において英国を代表する高級車ブランドとして車両の展示を行いました。今年で2 回目となった豪華なイベントには、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(以下、MSO)によるビスポーク仕様のMcLaren 570S Coupé や、アーティストであるセザールによってペイントが施された伝説のモデルMcLaren F1 GTR など、贅を尽くした数々の高級車が展示されました。

MSO によるMcLaren 570S Coupé は、マクラーレンのビスポーク部門がお客様からのオーダーにお応えしてカスタマイズを提供するという、ビスポークが施された仕様であり、本年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でデビューを果たしました。現代のクラフトマンシップの粋を集めた今回の展示モデルには、新色となるセラミック・グレイのボディカラーが施されています。さらにマクラーレン・モデルの特徴である、軽量のカーボン・ファイバー・シャシーをアピールするかのように、エクステリアにはカーボン・ファイバー製の様々なオプションが装着されています。

McLaren 570S Coupé は、イギリスのアイコニックなブランドであるマクラーレンにおいて、新たにエントリーレベルとして投入されたスポーツシリーズに登場する最初のモデルです。斬新な、ミッドシップのエンジン・レイアウトを持つこのスポーツカーは、レース界で研ぎ澄まされてきたテクノロジーをこのセグメントに初めて投入するモデルであり、使いやすさと洗練性も重視したモデルでもあります。最高出力570PS(562bhp)を発揮する3.8 リッター・ツインターボV8 エンジンは効率性に優れ、スタートからわずか3.2 秒で100km/h まで加速し、最高速度は328km/h を記録します。マクラーレン・スポーツシリーズの車両本体価格は2,188 万円からとなっており、最初のお客様へのデリバリーは今年後半を予定しています。
会場となったシャンティ城のル・ノートル庭園には、McLaren 570S Coupé と並んで、セザールがペイントを施したMcLaren F1 GTR も展示されました。シャシ-・ナンバー05R と呼ばれるこのモデルは、1995 年のル・マン24 時間レースを席巻した、伝説となっている5 台のMcLaren F1 GTR のうちの1 台で、フランスの著名な彫刻家にして美術家であるセザール・バルダッチーニ(César Baldaccini)によるペイントが施されており、その姿はモータースポーツ界において、もっともアイコニックな存在の1 つに数えられます。

マクラーレン・オートモーティブのエグゼクティブ・ディレクター、ポール・マッケンジー(Paul MacKenzie)
コメント:
「シャンティ・アーツ&エレガンスのイベントには、世界中から、非常に美しく、アイコニックであり、芸術のようなマシンが集まります。私たちは、2年目となる今年もこのイベントに参加できることを喜ばしく思っています。アート、ファッションと自動車文化が1つになるこのイベントは、McLaren 570S Coupéを通じてマクラーレン・スペシャル・オペレーションズの存在をアピールし、さらに有名なMcLaren F1GTRの『アート・カー』を披露するのに最適な場となっています」