赤坂ショールーム03 6438 1963 有明テクニカルセンター03 3528 1966

所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

マクラーレン、アメリカを代表するレースシリーズの50周年を記念したリミテッド・エディション McLaren 650S Can-Am を発表

2015.10.13

  • カンナム・シリーズ開催から50周年を称え、リミテッド・エディションMcLaren 650S Can-Amを発表
  • マクラーレンのビスポーク部門であるMSOが、1960年代のカンナム・シリーズで活躍した
  • レーシングカーのデザインにインスパイアを受けたモデル
  • 650S Spiderをベースとしたリミテッド・エディションは、全世界で 50台の限定生産―
  • 255,850 ポンド(英国販売価格) 
  • ウェブサイトにて、McLaren 650S Can-Amやマクラーレンのレーシングヘリテージを公開:  http://cars.mclaren.com/650s-can-am​

 

2015年10月9日 発表 名門Formula 1™チーム、マクラーレンのグループ企業であるスポーツカーメーカー、マクラーレン・オートモーティブ(本社:英国サリー州、エグゼクティブ・チェアマン:ロン・デニス)は、同社のビスポーク部門であるマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(以下、MSO)より、アメリカを代表するレースであるカンナム・シリーズ開催から50周年を記念したリミテッド・エディションMcLaren 650S Can-Amを発表いたしました。

マクラーレンは、1960年~70年代にかけてモータースポーツ界でもっとも斬新なスタイリングを投入し世界中のレースを席巻、1967年から1971年まで5年連続でカンナム・シリーズを制覇しました。1966年のカンナム・シリーズ初開催から来年で50周年を記念して、MSOが黄金時代のレーシングカーにインスパイアを受けたリミテッド・エディション650S Can-Amを製造いたします。650S Can-Amの車両本体価格は255,850 ポンド(英国販売価格) 、デリバリーはカナダのモントランブランで開催された第1回レースから50年目を迎える2016年春から開始予定となっています。650S Spiderをベースとしたリミテッド・エディションは、全世界で50台の限定生産となります。

カンナム・シリーズ(カナディアン-アメリカン・チャレンジカップ)は、排気量とスピードに関するレギュレーションがほとんどなく、北米とカナダでもっともアイコニックなサーキットで開催されていました。当時のモータースポーツ界を賑わせたベストドライバーのグラハム・ヒルやジョン・サーティース、ジャッキー・スチュワート、そしてブルース・マクラーレンが参戦したレースです。カンナム・シリーズは、ブルース・マクラーレン・レーシングの誕生からわずか1年後の1966年に初開催されましたが、その後の数年間で、若きニュージーランドのレーシングドライバーであるブルース・マクラーレン(young Kiwi)が、このレースを席巻したことで、一躍モータースポーツ界で成功を収めた人物の1人となりました。

カンナム・シリーズで成功を収めたマクラーレンのレーシングカーは、当時の最新テクノロジーと素材が採用されていました。そのレーシングカーで培った原理を今回の650S Can-Amでも受け継いでいます。当時のレーシングドライバーたちのために、アルミニウムやマリートといった軽量の素材が使用されていましたが、今モデルでは、カーボン・ファイバーを軽量のモノセル・シャシーだけではなく、様々なパーツにも採り入れています。マクラーレン初となるリトラクタブル・ハードトップへの採用をはじめ、ボンネットやエアブレーキ、フロントのスプリッター、リアのバンパー中央部、ドア・ブレード、そして650S Can-Amのロゴが入ったシル・カバーにも使用されています。MSOが独自で開発した軽量の鍛造アロイ・ホイールは、1960年代のレーシングカーにインスパイアされたもので、5本のスポークとダイヤモンドカットのリムをグロス・ブラックでフィニッシュされています。チタン製のボルトが採用されたホイールには、PIRELLI P-ZERO™ CORSA タイヤが装着されました。ブラックにカラーリングされたキャリパーには、カーボン・セラミック・ブレーキが標準装備されています。

ルーバーが設けられたカーボン・ファイバー製フロント・ウィングや新しく4本のテイルパイプが与えられたステンレス製エグゾースト・システムは、カンナム・シリーズに参戦していたアイコニックなレーシングカーからインスピレーションを受けたデザインとなっています。ルーバーが与えられたフロント・ウィングは、フロントホイールへの影響を軽減し、ダウンフォースを増大させます。また、マシンのリアにレイアウトされた4本の円形テイルパイプは、新たに与えられたカーボン・ファイバー製のリア・グリルのなかに配置され、アグレッシブかつ、特徴的なスロットルトランペットによって、ヒストリック・モデルを彷彿とさせます。また、それらは650S Can-Am独特のサウンドを響かせます。

650S Spiderをベースに製造されるリミテッド・エディションは、最高出力は650PS(641bhp)、最大トルクは678Nm(500 lb ft)を生み出す、ハイパフォーマンスな3.8リッターV8ツインターボ・エンジンを搭載しています。パフォーマンスと燃費効率はベースモデル同様で、0-100 km/hの加速は3秒、最高速度は329 km/hとなっています。

 

650S Can-Amは、3タイプのボールドなカラーリングをご用意しました。ローンチ・カラーとなるマーズ・レッドは、ブルース・マクラーレンとチームメイトのクリス・エイモンがデビュー・シーズンにハンドルを握ったM1Bをインスパイアしたカラーリングです。2番目に用意されたカラーであるパパイヤ・スパークは、カンナム・シリーズで有名となった伝説のマクラーレン・オレンジを近代的なヘビーメタリックでフィニッシュしたカラーリングとなります。もうひとつのオプション・カラーとして用意されたオニキス・ブラックは、シーズンの後半戦で多くのマクラーレン・カスタマー・チームが使用したカラーリングです。また、当時のカンナム・シリーズで活躍したそれぞれのレーシングカーのビジュアルにさらに近づけさせるオプションもご用意しております。

キャビンのスポーツ・シートは、レザーとAlcantara®が組み合わされ、エクステリアとよくマッチしています。カーボン・ファイバーの多くもインテリアのアクセントとして自然になじんでおり、ドライバーズシート側のドアには、ユニークなカンナム・バッジが配されています。

650S Can-Amについて、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズのエグゼクティブ・ディレクター、ポール・マッケンジー(Paul Mackenzie)は以下のようにコメントしています。

「カンナム・シリーズは、マクラーレンのヘリテージのなかで重要な存在であり、MSOの最新モデルは、そのレーシングカーや1960年~70年代のチャンピオンシップを大いに盛り上げたレーシングドライバーに敬意を表したモデルです。このチャンピオンシップはエンジニアリングの能力、ドライバーの才能と勇気が本当の意味で問われるレースであり、ブルースと彼のチームメイトは確固たる実力をはっきりと示し、モータースポーツ界を席巻、カンナム・シリーズを5年連続で制覇しました。

650S Can-Amは、圧倒的な強さを誇ったマシンの機能的なデザインを組み合わせ、現代的にアレンジしたモデルで、当時のレーシングカーと同様に、最軽量で、画期的な素材が使用されています。リトラクタブル・ハードトップをはじめ、軽量のカーボン・ファイバーを広範囲に採用し、マシンのエクステリアをドラマチックにしており、ルーフを開放すれば、ドライバーはブルースと彼のチームメイトが楽しんだ、感動的なV8エンジンのサウンドに包まれます。」

 

本プレスリリースは参考翻訳です。

原文および画像につきましてはマクラーレンのメディアサイト(英語)からご覧いただけます。 http://cars.mclaren.press/