赤坂ショールーム03 6438 1963 有明テクニカルセンター03 3528 1966

所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

スーパーカーの限界を押し広げる、第2世代のマクラーレン・ スーパーシリーズ

2017.02.15

・第2世代のマクラーレン・スーパーシリーズには、4.0リッターの新型エンジンを搭載
・ 圧倒的な性能を誇る、V8ツインターボ・チャージャーの0-200km/h(0-124
 mph)の加速は7.8秒、停止から1/4マイルまで(SS1/4マイル)の加速は10.3秒
・ スポーツ・エキゾーストのオプションでは、新しいエキゾースト・システムが究極の
 エンジン性能にふさわしい音響効果を演出
・クルマがアンロックされた際にドライバーを迎えるエンジンベイのイルミネーションなど、
 4.0リッターの新型エンジンには美的要素も搭載

第87回ジュネーブ国際モーターショーの舞台で3月7日に世界デビューを果たす、
第2世代のマクラーレン・スーパーシリーズは、これまでのスーパーカーの常識を打ち
破るものとなるでしょう。ドライバーは、0-200km/h(0-124mph)加速がわずか
7.8秒の加速性能とともに、マクラーレン史上もっとも感動を与える要素の1つとなって
いる、ソウルフルでクリーン、かつエッジの効いたエキゾースト・サウンドを楽しむことが
できます。
マクラーレン・スーパーシリーズの車両ライン担当ディレクターである、ハイドン・ベイカー
(Haydn Baker)は以下のようにコメントしています。
「新しい4リッターM840Tエンジンの圧倒的なパワーにより、停止から1/4マイルまでの
加速が10.3秒という、スーパーカーとしては例外的な加速が実現されています。
第1世代に比べてパワー、トルク、スロットルのレスポンスがすべて大幅に向上しており、
さらに、燃費とCO2の排出量もかなり改善されています。」
新しいM840Tエンジンに実装されている、超低慣性のツインスクロール・ターボチャー
ジャーは、マクラーレンが新たなスーパーカーを開発するたびに貫いてきた、あらゆる
分野で最新のものを求めるという、エンジニアリング上の哲学を象徴するものとなって
います。
先代のデザイン以上に最新の技術を積極的に取り込んできた結果、ターボラグが
短縮され、スロットルのレスポンスが向上しています。
新しい4.0リッター・エンジンの性能の確かさは、音響の絶妙なバランスを追究し、
エンジンの回転数と負荷に応じて「クレッシェンド」する(次第に強くなる)、
エキゾースト・サウンドからもおわかりいただけます。聴覚上の感動をさらに求めるドライバー
には、スポーツ・エキゾーストのオプションも用意されています。
オーナーの皆さまには、新型V8エンジンの上部に付けられた、「McLaren Speed
mark」ロゴや鋳造アルミニウム製のエアインテークプレナムなどの、この新しいクルマの
特徴的な外観はもちろんのこと、クルマをアンロックした際に作動する、エンジンベイの
イルミネーションという演出もお楽しみいただけます。

エンジンや性能の仕様を含めた、第2世代のマクラーレン・スーパーシリーズのさらなる
詳細は、3月7日に明らかにされる予定です。本プレスリリースは参考翻訳です。
原文および画像につきましてはマクラーレンのメディアサイト(英語)からご覧
いただけます。

URL: http://cars.mclaren.press/

マクラーレン・オートモーティブについて:
マクラーレン・オートモーティブは、ラグジュアリーかつハイパフォーマンスなスポーツ
カーを製造する英国の自動車メーカーで、サリー州ウォーキングのマクラーレン・
テクノロジー・センター(MTC)を拠点としています。マクラーレンは車両製造にいち
早くカーボン・ファイバーを採用し、30年にわたる経験を有しています。1981年の
McLaren MP 4/1や、1993年のMcLaren F1といったレーシングカー やロード
カーにカーボン・シャシーを導入しており、これまでマクラーレンが製造した車両は
すべてカーボン・ファイバー・シャシーが採用されています。

マクラーレン・オートモーティブは2010年の設立後、2011年に画期的なMcLaren 
12Cの発表を皮切りに、2012年に12C Spider、2013年に限定生産のMcLaren
 P1™を発表しました。毎年新型モデルを導入するという計画を掲げ、2014年には
McLaren 650S Coupeと650S Spiderを発表し、さらに2015年には前例の
ない製品ポートフォリオの拡大で、フルレンジにわたり5つのニューモデルがデビュー
しました。完全限定生産の675LT Coupéがジュネーブ・モーターショーで公開された
ほか、サーキット専用で、最高出力 が1,000PSであるMcLaren P1™ GTRが、
ブランド史上もっともパワフルなモデルとして登場しました。多くの期待を集めていた
スポーツシリーズは、マクラーレンの3つ目にして最後のモデル・カテゴリーであり、
570S Coupéと540C Coupéがそれぞれニューヨークと上海で1か月のうちに次々
とデビューしました。この年の最後には、お客様のご要望に応えるかたちで、5番目の
モデルである675LT Spiderも発表されました。 この年には、アルティメット
シリーズの最初のモデルであるMcLaren P1™の375台目の生産も完了し、
 マクラーレン・ブランドにとって記録ずくめとなる1年を締めくくりました。

2015年に発表したスポーツシリーズの2番目となるボディスタイルで、マクラーレン・
モデルのなかでもっともラグジュアリーな570GTに続き、2016年はトラック用に
変更した570S GT4や570S Sprintを発表しました。この年にマクラーレン・オート
モーティブは新しいビジネス・プラン’Track22’を掲げ、研究開発に総額10億ポンドを
投資し、2022年までに15車種の新型/派生モデルを発表する予定となっております。
また、マクラーレン・モデルの少なくとも50%にハイブリット技術を搭載します。
2016年にはマクラーレン・プロダクション・センターにおいてセカンド・シフト制を
導入したのを受け、売り上げが増加、過去6年間で3度目の最高益更新となりました。

マクラーレン・オートモーティブの技術パートナー:
革新的で高い評価を獲得しているスポーツカー・ラインアップの開発、エンジニア
リング、製造においてマクラーレン・オートモーティブは専門的なノウハウと技術を
提供する世界トップレベルの企業と提携しています。主なパートナーは、
アクゾノーベル、エクソンモービル、ピレリ、SAPなどです。
 
マクラーレン・オートモーティブの日本オフィシャルウエブサイトおよび日本
オフィシャルフェイスブックは下記 のURLからご覧いただけます。
オフィシャルウエブサイト: http://jp.cars.mclaren.com/
オフィシャルフェイスブック:https://www.facebook.com/mclarenautomotiveJP
本件に関するお問い合わせ先
マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社 担当:名取雅裕 TEL 03-5572-7007
または
マクラーレン広報事務局 (オグルヴィPR)
担当: 中山奈央子、大野亜希子 TEL 03-5793-2377 / Mail [email protected]