赤坂ショールーム03 6438 1963 有明テクニカルセンター03 3528 1966

所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

【ル・マン 24 時間レースを席巻した 5 台のMcLaren F1 GTR 20 年ぶりにル・マンに集結】

2015.5.21

●1995 年のル・マン24 時間レースで完走を果たした、5 台のMcLaren F1 GTR が、伝説的な勝利の20 年後にコースをパレード

● McLaren P1™ GTR の世界初の走行デビューによってGTR の伝説に花を添える

●ハッシュタグ #McLaren95 を使用して、マクラーレンのソーシャル・チャンネルでこのセレブレーションをフォローし、この話題にジョイン

2015 年5 月14 日英国発 名門Formula 1™チーム、マクラーレンのグループ企業であるスポーツカーメーカー、マクラーレン・オートモーティブ(本社:英国サリー州、エグゼクティブ・チェアマン:ロン・デニス)、およびマクラーレン・スペシャル・オペレーションズは、1995 年のル・マン24 時間レースにおける伝説的勝利から20 周年を迎える本年、同サーキットにおいて究極なデモンストレーションを行います。

2015 年6 月、マクラーレン・オートモーティブおよびマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)は、ル・マン24 時間レースでの伝説的な勝利の20 周年を、このフランスのサーキットにおいて行われる究極なデモンストレーションで祝います。優勝を果たしたシャシ-ナンバー「01R」を含めた、1995 年の同レースを席巻した5 台のMcLaren F1 GTR が、今回鮮烈な走行デビューを果たす、有名なGTRバッジを付けた最新のマクラーレン・モデルMcLaren P1™ GTR に先導されて、サーキットに登場します。

これら5 台のMcLaren F1 GTR が揃ってサーキットに登場するのは、1995 年6 月18 日午後4 時直後にチェッカード・フラッグが振り降ろされて以来になります。

先の勝利から20 年が経った今年、完走を果たしたシャシーナンバー01R、06R、02R、07R、そして05R がこの伝説のサーキットに舞い戻り、第83 回ル・マン24 時間レースのスタートシグナルがグリーンに変わる前にパレードラップを敢行します。パレードの先導を行う最新のMcLaren P1™ GTR のステアリングを握るのは、フランス人の元レーサーであるヤニック・ダルマス氏で、優勝を果たしたカー

ナンバー59 のMcLaren F1 GTR のドライバーのひとりでした。彼のチームメートであったJ.J.レート氏と関谷正徳氏も、限定モデルの650S Le Mans のオーナーたちとともにパレードに参加する予定となっています。

MSO が設計ならびに開発を行ったMcLaren P1™ GTR は、最高出力1,000 馬力を誇るサーキット専用モデルで、オーナーは、世界で最もエクスクルーシブなマクラーレン・オーナーシップ・プログラムに参加することができます。McLaren P1™ GTR ドライバー・プログラムの参加者は、マクラーレン・テクノロジー・センターにおいて、レースで勝利を重ねてきたマクラーレンならではの知見に触れることができ、さらに各個人向けにビスポークされたドライバー・トレーニング・プログラムを通じてドライビング・スキルを向上させ、さらに磨き上げることができます。

 

デビュー戦での勝利により3 大レース制覇を達成

20 年前、レース向けにて、ほんのわずかな改造を施された5 台が、世界で最も有名なフランスの耐久レースで完走を果たすという、レース史上類を見ない結果を残したMcLaren F1 GTR。この1 戦だけで、McLaren F1 GTR はモータースポーツ史に名を残す存在となりました。デビュー戦であったこのル・マン24 時間レースで優勝を果たしただけでなく、このレース専用に開発されたプロトタイプ・モデルや、実績のあるマニュファクチュアラーといったライバルたちを退け、他の4 台も、3 位、4 位、5 位、13 位という成績を残しました。この勝利により、マクラーレンは、ル・マン24 時間、モナコ・グランプリ、インディ500 という世界3 大レースで優勝を果たした唯一のマニュファクチュアラーとなりました。現在に至っても、この偉業を達成しているのはマクラーレンのみとなっています。

 

完走を果たした伝説の5 台

チーム: コクサイ・カイハツ・レーシング(英国) – シャシ-ナンバー 01R カーナンバー: 59 ドライバー: ヤニック・ダルマス(フランス)、J.J.レート(フィンランド)、関谷正徳(日本)予選: 9 位 / 決勝: 1 位

チーム: マッハ・ワン・レーシング(英国) – シャシ-ナンバー 06R カーナンバー: 51 ドライバー: デレック・ベル(英国)、ジャスティン・ベル(英国)、アンディ・ウォレス(英国)予選: 13 位 / 決勝: 3 位

チーム: ガルフ・レーシング(英国) – シャシ-ナンバー 02R カーナンバー: 24 ドライバー: レイ・ベルム(英国)、マーク・ブランデル(英国)、マウリツィオ・サンドロ・サラ(ブラジル)予選: 11 位 / 決勝: 4 位

チーム: ジロワ・レーシング・チーム(フランス) – シャシ-ナンバー 07R カーナンバー: 50 ドライバー: ジャン・デニ・ドゥレトラーズ(スイス)、ファビアン・ジロワ(フランス)、オリビエ・グルイヤール(フランス) 予選: 15 位 / 決勝: 5 位

チーム: ソシエテBBA コンペティション(フランス) – シャシ-ナンバー 05R カーナンバー: 42 ドライバー: ジャン・リュック・モーリー・ラリビエール(フランス)、エルベ・プーラン(フランス)、マルク・スール(フランス)予選: 20 位 / 決勝: 13 位

 

MSO ヘリテージ・チームがMcLaren F1 GTR をサーキットに復帰させる

現在のマクラーレン・スペシャル・オペレーションズは、2011 年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで発表されました。そもそも同部門は1990 年代に、McLaren F1 のオーナーのために、サービス、メンテナンスやパーソナライズを行う、マクラーレン・カスタマー・ケア・プログラムとして発足しました。このサービスはオーナーのためにマクラーレン内で継続され、現在はMSO のヘリテージ・チームが管理を行い、McLaren F1 に関する比類なき知見を如何なくお客様にお届けしています。マクラーレン誕生50 周年となった2013 年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、McLaren F1 GTR を公式に参加させて以来、MSO ヘリテージ・チームは、シャシーナンバー01R をサーキットに復帰させるという使命を担ってきました。

20 周年を前にして、当初のMcLaren F1 GTR プロジェクトに関わっていた何名ものキーパソンたちが、レースの行われた週末の準備作業やレース自体について回顧しています。マクラーレン・ブランドにとって大きな節目ともなった、このときのユニークな思い出が、以下のウェブサイトで語られています。

http://cars.mclaren.com/le-mans-memories

本プレスリリースは参考翻訳です。

原文および画像につきましてはマクラーレンのメディアサイト(英語)からご覧いただけます。ダウンロードする際は登録が必要です。

URL: http://media.mclarenautomotive.com