赤坂ショールーム 03 6438 1963 有明テクニカルセンター03 4590 4418/Gallery 03 3528 1963

所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

【プレスリリース】 McLaren P1 GTR

2015.2.20

McLaren P1TM GTR ‐ リミテッド・プロダクションフォーム ジュネーブ国際モーターショーに登場

・ サーキットでのテストを重ね、デザイン・コンセプトからプロダクションフォームへと、さらに改良、さらに進化

・ 開発の成果を受けたチューニングにより、ダウンフォースはMcLaren P1™ より10%以上向上

・ コンポーネントの軽量化とモータースポーツ・テクノロジーの採用により、重量は50kg削減

・ McLaren P1™ GTRドライバー・プログラムについて、第1回目の開催場所が決定

・ ジュネーブ国際モーターショーで公開されるマシンのカラーリングは、アイコニックなMcLaren F1 GTRシャシー・ナンバー06Rにインスパイア

・ 2015年3月3日(火)12:15(CET)/11:15(GMT)、ジュネーブ国際モーターショーHall 1、Stand 1240において、McLaren 675LTとともに、McLaren P1™ GTRデビュー

【McLaren P1TM GTR】
2015年2月18日 英国発 名門Formula 1™チーム、マクラーレンのグループ企業であるスポーツ カーメーカー、マクラーレン・オートモーティブ(本社: 英国サリー州、エグゼクティブ・チェアマン: ロン・デニス)は、McLaren P1™ GTRについて最新情報を発表いたしました。
最高出力1,000PSを誇る、究極のサーキット専用モデルMcLaren P1™ GTRが第85回ジュネーブ国際モーターショーにおいてデビューいたします。今回、公開となるリミテッド・プロダクションフォームは、6か月前に公開されたデザイン・コンセプトをさらにチューニングしており、もっとも注目すべきは カラーリングの変更が挙げられます。なお、このマシンのステアリングを握ることが出来るのは、 スペインのカタロニア・サーキットで今年開催される第1回目のMcLaren P1™ドライバー・プログラムに参加いただく少数の幸運な人に限定されます。このマシンのデザインは、シャシー・ナンバー06Rと 呼ばれイエローとグリーンのカラーリングが施されたMcLaren F1 GTRに敬意を表したものとなっています。McLaren F1 GTRは、20年前のル・マン24時間レースを席巻し、マクラーレンの歴史的なデビューを演出した名車で、その5台のF1 GTRのうちの1台がシャシー・ナンバー06Rです。


デザイン・コンセプトから究極のサーキット専用モデルへ
昨夏のペブルビーチ・コンクール・デレガンスでデザイン・コンセプトが公開された後、McLaren P1™ GTRは、世界各地で広範囲かつ綿密なテスト・スケジュールをこなしてきました。それらのテストを 通じて、デザインは改良され、エアロダイナミクス・パフォーマンスと冷却性能が最適化されました。
McLaren P1™ GTRのフロント・トラックはMcLaren P1™より80mm拡張され、フロント・スプリッターはさらにアグレッシブに、そして車高は50mm低くなり、19インチのセンターロック式モータースポーツ用アロイホイールにはPIRELLIスリックタイヤを装着しました。ボディの下部は、デザイン・コンセプトで公開されたように、流れるような形状のエアロダイナミクス・ブレードが取り付けられ、ボディのサイドにおける空力性能を効率的に高めています。
McLaren P1™ロードカーモデルでも採用された軽量のウィンドスクリーンは、3.2mmだけ厚くなっていますが、サイド・ウィンドウはサーキット仕様のポリカーボネート製となり、ドライバー側はスライド式の‘チケット・ウィンドウ’となっています。ルーフの強化ガラス・パネルをカーボン・ファイバー・パネルへと変更したこともあって、ボディ全体がカーボン・ファイバーに包まれるようになり、さらにエンジン・ベイにもカーボン・ファイバーが採用されています。McLaren P1™ GTRでは徹底した軽量化が施されたため、ロードカーモデルより合計50kg以上の重量が削減されています。
McLaren P1™ GTRのリアは、ロードカーモデルと明らかに違う、高さが固定されたウィングが存在感を示しています。このウィングは、立体的な構造のリア・ボディから400mmの高さにあり、ロードカーモデルの可変式ウィングに比べて100mm以上高くなっています。フロントホイールの前面に取り付けられているエアロダイナミクス・フラップとの連携により、リア・ウィングは、ダウンフォース10%以上の向上に貢献しており、ダウンフォースは150mphで660kgに達します。軽量のカーボン・ファイバー 製パイロンに支えられるリア・ウィングは、ロードカーモデルのDRS(ドラッグ・リダクション・システム)を受け継いでおり、ステアリング上のボタンを押すだけで、角度が32度から0度にまで変化します。 リアのもう1つの大胆かつ斬新な特長であるインコネルとチタンの合金で作られた、大きなツイン・ エグゾースト・パイプについても、これまでも軽量だったロードカーモデルのシステムに比べ、6.5kg 以上の重量が削減され、軽量化に貢献しています。

‘シュリンクラップ’のカーボン・ファイバー製ボディの内部では、IPASパワートレインが大幅にアップ デートおよび改良が施されました。McLaren P1™ GTRの心臓部では3.8リッター・ツインターボV8 エンジンと軽量化された電気モーターは、スムーズに一体感を生み出します。エンジンとモーターが 組み合わされた動力部は、最高出力1,000PSを誇り、800PS(789bhp)がガソリン・エンジンより生み出され、電気モーターからは200PS(197bhp)を得ています。
サーキットでのパフォーマンスを最適化するために、パワートレインは全面的に見直され、主要なコンポーネントについても、モータースポーツを想定して開発されたパーツに取り替えられたため、高速域のドライビングの持続性がさらに向上しています。さらに、McLaren P1™のパワートレイン内部では、 一般の高速道での走行を想定してデザインされたパーツが取り外され、軽量化が図られています。


McLaren F1 GTR #06R:新世代への継承
McLaren F1 GTRのシャシー・ナンバー06Rは、1995年と1996年のシーズンを通じて、Mach ・One・Racingとともに次々と成功を収め、レースでもっとも長い期間にわたって走ったMcLaren F1 GTRの1つとして知られています。Harrodsがスポンサーとなっていた、ル・マンの51号車は、1995年のル・マン24時間を完走した、7台のMcLaren F1 GTRの1つとして人気を博し、ル・マンで複数回の優勝経験があるデレック・ベル(Derek Bell)とその息子のジャスティン(Justin)、ならびに アンディ・ウォレス(Andy Wallace)がハンドルを握り、表彰台を獲得しました。それ以降も、このチームはBPR選手権の最終の3レースで優勝を果たしました。その翌年もチームはまたも強さを発揮。 ル・マン24時間のラインナップにはデレック・ベルとアンディ・ウォレスにオリビエ・グルイヤール(Oliver Grouillard)が加わり、6位で見事にゴールしました。このチームは、シルバーストーンでの グローバルGT耐久選手権でも優勝を果たしました。

 

McLaren P1™ドライバー・プログラム
McLaren P1™ドライバー・プログラムの最初の開催地が決定、そしてドライバーたちは、イングランド・シルバーストーンで最初のテスト・セッションに参加します。その後、スペイン・カタロニア・サーキットでの初のサーキット走行に臨むことになります。これらのイベントの前には、マクラーレン・テクノロジー・センター(MTC)にて、個々のドライバーの特性を把握するためのセッションが行われます。ドライバーごと設定されたコンサルテーションには、レース・シートのフィッティングやヒューマン・パフォーマンス・センター・アセスメント、ならびにマクラーレン・オートモーティブのデザイン・ディレクターであるフランク・ステファンソン(Frank Stephenson)との、それぞれのモデルおよびカラーリングについての最終的な打ち合わせも含まれます。また、それぞれのドライバーはMcLaren P1™ GTRのシミュレーターを 初めて体験することになっています。

 

3つのシリーズからなるマクラーレン・モデル・ラインナップの最上位となる、アルティメットシリーズ
McLaren P1™ GTRは、ロードカーモデルのMcLaren P1™とともに、マクラーレン・アルティメットシリーズに加わります。このマクラーレンの最上位シリーズでは、エアロダイナミクスと完璧なパフォーマンスを最重要視しております。徹底した軽量化と著しく進化を遂げたシャシーやパワートレインの エンジニアリング、画期的な素材を使用により、マシンの性能を向上させております。
マクラーレンは現在、スポーツシリーズ、スーパーシリーズおよびアルティメットシリーズという3つのネーミングでカテゴリーを設定しております。マクラーレン・スポーツシリーズは、マクラーレンへの エントリーポイントであり、2015年4月のニューヨーク国際オートショーで世界デビューの予定となっております。その上位としてコアシリーズに位置づけられるマクラーレン・スーパーシリーズは、650S、 アジア限定の625C、ならびに先頃発表され、ジュネーブ国際モーターショーで初公開される675LTが含まれます。
McLaren P1™ GTRは、2015年3月3日(火) 12:15(CET) / 11:15(GMT)、ジュネーブ国際 モーターショーHall 1、Stand 1240にて、McLaren 675LTとともに世界デビューいたします。
本プレスリリースは参考翻訳です。原文および画像はマクラーレンのメディアサイト(英語)から
ご覧いただけます。ダウンロードする際は登録が必要です。
URL: http://media.mclarenautomotive.com/