赤坂ショールーム03 6438 1963 有明テクニカルセンター03 3528 1966

所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

【プレスリリース】2015Factory Driver Announcement

マクラーレンGT、ファクトリー・ドライバーの2015年スケジュールを確定

 

マクラーレンGTのファクトリー・ドライバーであるロブ・ベル(Rob Bell)、ケビン・エストレ(Kevin Estre)、アルバロ・パレンテ(Alvaro Parente)、そして新加入が発表されたばかりのブルーノ・セナ(Bruno Senna)が、今シーズンの2015ブランパン耐久シリーズに参戦いたします。これは、カスタマー・チームであるフォン・ライアン・レーシングの野心的なプランにもとづくもので、このシリーズには、新たに発表されたファクトリー・ドライバーのシェイン・バン・ギスバーゲン(Shane Van Gisbergen)も出場予定となっています。スパ24時間レースも組み込まれた、間違いなく世界でもっとも競争の激しいこのレース・シリーズにチームが2台のMcLaren 650S GT3で参戦するため、ワークスの5人のドライバーたちもシリーズにフル参戦することになります。

カスタマー・チームのフォン・ライアン・レーシングは、2011年のチーム発足時より、マクラーレンGTのクルマを走らせており、過去3シーズンは12C GT3でさまざまな選手権に参加してきました。チームの代表デイブ・ライアン(Dave Ryan)は、エイボン・タイヤ英国GT選手権にマクラーレンGTのヤング・ドライバー、アンドリュー・ワトソン(Andrew Watson)とロス・ワイリー(Ross Wylie)を起用して2台のクルマで参戦すると発表したのに続き、ブランパン耐久シリーズでも2台を投入して指揮をとる予定となっています。

4月11日と12日の両日、イタリアのモンツァで開催される開幕戦に先立ち、ファクトリー・ドライバーたちは、ポール・リカールで今週(3月11日と12日)行われる、ブランパン耐久シリーズ公式テストに参加いたします。

2015シーズン・プラン

ファクトリー・ドライバーのロブ・ベル、ケビン・エストレおよびアルバロ・パレンテは、2015シーズンもマクラーレンGTに残留いたします。ベルとパレンテの2人にとっては、マクラーレンGTでの5回目のシーズンであり、2011年に12C GT3デビューして以来、続けてマクラーレンのハンドルを握ることになります。エストレも再契約を行っており、あらゆる選手権でのデビューを果たした2014年に続いて、チームで2回目のシーズンを迎えることになります。

ブランパン耐久シリーズに加え、それぞれのドライバーは、全世界のさまざまなGT選手権でマクラーレンGTのカスタマー・チームに参加する予定となっています。

35歳のロブ・ベルは、フォン・ライアン・レーシングの一員として、エイボン・タイヤ英国GT選手権に参戦する予定となっいるマクラーレンGTヤング・ドライバー・プログラムのアンドリュー・ワトソンとロス・ワイリーのサポートを、シーズンを通じて行います。ベルは、2人のドライバー・コーチとなり、フォン・ライアン・レーシングの650S GT3でGT3レーシングの世界にデビューする2人に経験豊富なレーサーとして指導およびアドバイスを行います。

26歳のケビン・エストレは、ブランパン耐久シリーズで4年続けてマクラーレンのハンドルを握ることになり、2015年は20周回のピレリ・ワールド・チャレンジの開幕戦において、米国のK-Paxレーシング/フライング・リザード・モータースポーツチームの一員として、すでに初優勝を飾っています。さらに、エストレは、北米での650S GT3のデビュー戦となった、テキサスのサーキット・オブ・ジ・アメリカズでの2連戦においても、優勝と僅差の4位という結果を残しています。

30歳のアルバロ・パレンテは、2015シーズンからマクラーレンGTのカスタマー・チームとなった、スペインのテオ・マーティン・モータースポーツ(Teo Martin Motorsports)チームに参加することが発表されています。また、パレンテは、同郷のミゲル・ラモスとともに、4月24日から26日までフランスのポール・リカールで開幕戦が行われる、インターナショナルGTオープン選手権にも650S GT3で参戦する予定です。