赤坂ショールーム 03 6438 1963 有明テクニカルセンター03 4590 4418/Gallery 03 3528 1963

所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

【プレスリリース】待望のマクラーレン・スポーツシリーズ 遂にプロダクション・フェーズに突入

2015.11.6

2015年11月5日発表 名門Formula 1™チーム、マクラーレンのグループ企業であるスポーツカーメーカー、マクラーレン・オートモーティブ(本社:英国サリー州、エグゼクティブ・チェアマン:ロン・デニス)は、待望の新シリーズであるマクラーレン・スポーツシリーズがプロダクション・フェーズに入ったことを発表しました。

マクラーレン・オートモーティブは、英国のウォーキングにある最先端設備を誇る同社の「マクラーレン・プロダクション・センター」(以下、MPC)において、スポーツシリーズのプロダクションを開始しました。
新たにマクラーレン・ファミリーに加わるスポーツシリーズは、ラグジュアリーかつハイパフォーマンスを誇るスポーツカーで構成され、先陣を切ってデビューする570S Coupéに続き、540C Coupé、さらに新たなボディースタイルを持つモデルが2016年登場予定です。MPCから最初にラインアウトされるMcLaren 570S Coupéは英国内のディーラーを通じ、記念すべき1号車がお客様のもとへとデリバリーされます。マクラーレン・モデルにおいて最も入手しやすいスポーツシリーズには、すでに全世界のディーラーから1,000台を超えるオーダーを頂いています。

この新しいスポーツシリーズがプロダクション・フェーズに進んだことで、まだ歴史が浅いマクラーレン・オートモーティブにとって新たなヒストリーとしての1 ページが刻まれるとともに、既存のアルティメットシリーズ、スーパーシリーズに、このスポーツシリーズが加わることで、3 シリーズに分類することからなるマクラーレン独自の戦略が完成されることになります。スポーツシリーズの全ラインナップが出揃う2018 年には、マクラーレン・オートモーティブの年間生産台数が現在の2 倍以上となる4,000 台規模のメーカーに成長する見込みです。

日本国内におけるスポーツシリーズの車両本体価格は540C Coupé が21,880,000 円(税込)から、570S Coupé が25,560,000 円(税込)からとなっています。

マクラーレン・オートモーティブのグローバル・セールス&マーケティング担当エグゼクティブ・ディレクター、ジョリオン・ナッシュ(Jolyon Nash)は、以下のようにコメントしています。

「スポーツシリーズのプロダクションの開始は、マクラーレン・オートモーティブにとって重要な出来事と言えます。歴史が浅いマクラーレンでは、これまでコアで、かつ熱狂的な購買層をターゲットとしたスーパーカーやハイパーカーを生産してきました。また、マクラーレンの業績は2011 年から成長を続け、売上高と営業利益を伸長してきました。スポーツシリーズは、新たな購買層をターゲットにしており、マクラーレンがこれまで参入していなかった新しいスポーツカー・マーケットを開拓するモデルとなっています。スポーツシリーズのモデルをご購入いただくお客様には、すべてのマクラーレン・モデルに共通する画期的なパフォーマンスとマシンとの一体感を体感いただくと同時に、既存のマシンとは異なるユーザビリティと実用性を感じていただけることでしょう。またスポーツシリーズは、マクラーレンの長期的なサスティナビリティに大きく貢献することになるでしょう。」

 

ソーシャル・メディアにぜひご参加いただき、マクラーレン・スポーツシリーズについて語ってください。
– #McLarenSportsSeries
Twitter: @McLarenAuto
Facebook: /McLarenAutomotive
Instagram: /McLarenAuto
Google+: +McLarenAutomotive

 

本プレスリリースは参考翻訳です。

原文および画像につきましてはマクラーレンのメディアサイト(英語)からご覧いただけます。

URL: http://cars.mclaren.press/